治療費.com
治療費.comとは?
  タイトル Back Numbers 
 
 渋谷メディクス形成外科

 
診療項目 診療項目詳細 価格(税込) 備考
 
 二重瞼  埋没法 80,000円 まぶたの裏側に糸を通さず表から必要なところまで糸を通す、独自の「メディクス法」という方法で行います。
 二重瞼  切開法 210,000円 理想の二重のラインをつくります。
 二重瞼  目頭切開 180,000円 傷が目立たないZ法で手術を行います。
 ビタミンC
 イオン導入
 顔全体 4,200円〜 お肌の深部までビタミンを浸透させます。
 レーザー脱毛  わき 12,000円 最新のLPIR機種を使っています。詳しくはこちらから
 レーザー脱毛  Vライン 12,000円 最新のLPIR機種を使っています。詳しくはこちらから
 レーザー脱毛  ひじ上 26,400円 最新のLPIR機種を使っています。詳しくはこちらから
 レーザー脱毛  ひじ下 22,800円 最新のLPIR機種を使っています。詳しくはこちらから
 レーザー脱毛  太もも 36,000円 最新のLPIR機種を使っています。詳しくはこちらから
 ピアス  耳 3,500円 ファーストピアス(両耳)、ピアス代込み
 ピアス  ボディピアス(へそ等) 10,500円 1箇所、麻酔代込み(ピアス代別)
 隆鼻術  プロテーゼ 300,000円 鼻の内部からの挿入なので傷跡が気になりません。
 豊胸術  シリコンバッグ 850,000円 両胸の料金です。
 ワキガ・多汗症  ワキボトックス 105,000円 両ワキ1回の料金です。発汗を抑えます。
         ※ 診療項目、価格などは取材時の情報のため、現在は変更されている場合があります。詳しくは直接クリニックへお問い合せ下さい。


  渋谷メディクス形成外科
医院名 渋谷メディクス形成外科
Line
診療科目 美容外科・形成外科・皮膚科
Line
診療時間 AM11:00〜PM14:00(13:30受付終了)
PM15:00〜PM19:30(19:00受付終了)
Line
休診日 火曜日・日曜日・祝日
Line
住所 〒 150-0042
  東京都渋谷区宇田川町3-10 ぽあん渋谷 7階
Line
最寄り駅 JR「渋谷駅」西口から徒歩5分
Line
URL http://www.k-m.or.jp/shibuya_index.html
Line
電話番号 0120-897-970
Line
メール お問合せ
Line
携帯電話へ 携帯電話へ医院情報を送ろう! メールで携帯電話へ送る 
あなたの携帯電話に渋谷メディクス形成外科の情報をメールで送ります。「宛先」には、送り先のメールアドレスを記入して下さい。
Line

 
 院内紹介
エントランス 受付け 待合室 待合室
■エントランス
1Fにらんぷ亭のあるビルの7Fにあります。
■受付け
ガラス張りの扉を開けると、正面に明るい受付けカウンターがあります。
■待合室
リビングの様な待合室は、とてもリラックスできます。ソファーが快適!!
■待合室
ドクターズコスメや、豊胸のシリコンジェルバッグの見本など、自由にご覧頂けるよう並べられています。
カウンセリングルーム 手術室 レーザールーム パウダーコーナー
■カウンセリングルーム
明るく、清潔感のあるカウンセリングルームは、プライバシーが保たれており、安心して先生に相談できます。
■手術室
充実した設備の整った手術室です。
■レーザールーム
レーザー脱毛やレーザー治療専用の個室が、院内に何部屋か設けられています。
■パウダーコーナー
可愛らしいパウダーコーナーには、女性に嬉しい気遣いもいっぱい!!
 
 院長先生との対談
■治療費.com 医者になろうと思われたきっかけは何ですか?
■院長 高校生の頃までは、漠然とサラリーマンをやろうと思っていたんです。
しかし、将来の事を真剣に考え始めた時に、自分自身が直接人の役に立てる職業はないか!?医療も一つの選択肢ではないか!と思い立ち、医学部への進学を決めました。
実は、父も兄も医者なんです。
だからと言って、医者になることを子供の頃から意識はしていなかったのですが、やっぱり流れもあったのかな。
■治療費.com 先生の経歴をお聞かせ下さい。
■院長 院長先生 東京医科大学の医学部を卒業し、大学の形成外科で勤務していました。
その頃、形成外科で、主に熱傷(やけど)の手術などを数多く行っていました。
重傷のやけどの患者様が、何回もの手術を乗り越え、回復していく姿を見ていて、非常にやりがいを感じていましたね。
また、顔の骨折の治療などもしていました。
新宿と言う場所柄、救急車で運ばれてくる患者様が多く、ひどい顔の骨折を負われた方だと、5〜6時間かけて、1つ1つのパーツを丁寧に組み立てて行き、形を作るという手術を行っていました。
そんな毎日を過ごしていたのですが、ある時、なぜうちの大学は形成外科をやっているのに、美容外科をやらないのか?と疑問を抱くようになりました。
形成外科と、美容外科とは、どこかでリンクしている医療なんですよね。
そして、医局長と言う立場ではあったものの、美容外科を本格的に学ぶために、大学病院を辞め、大手の美容外科へ勤務し始めました。
そこでは、脂肪吸引、豊胸、目の手術、鼻の手術・・・など、多くの経験を積ませていただきましたね。
その後、医局の先輩から話を頂き、こちらのクリニックへ来ました。
■治療費.com 実際に美容外科医になられてどうですか?
■院長 大手の美容外科で勤務をしていた頃は、患者様が非常に多く、経験を積むことは出来たのですが、大学病院に勤務していた頃と比べて、一人一人の患者様に時間が取れなくてジレンマを感じていました。
自分としては、患者様とゆっくり話をしながらやっていきたかったんですよね。そうすることで、患者様の希望も明確に理解することが出来ますし、患者様の安心にもつながりますから。
大手の美容外科では、そう言う意味での違和感を感じていたのですが、こちらのクリニックに来て、自分の理想どおりのカウンセリングや治療を行えることで非常にやりがいを感じる毎日です。
■治療費.com 先生の得意な治療ベスト3を教えて下さい。
■院長 目元の手術、豊胸術、フェイスリフトですね。
二重埋没法の手術では、腫らさない自信があります!!
今まで、やらせていただいた患者様のほとんどが手術直後でも、腫れませんでしたね。
当日、サングラス無しで帰られる方もいらっしゃいました。
そして、目頭切開ではいかに傷を目立たせなくするかが重要なのですが、これにはコツがあるんですよ!
■治療費.com それでは、こちらのクリニックのウリをお聞かせください。
■院長 一対一でしっかりと患者様の希望を聞いて、喜んでもらえる治療をすることを第一に考えています。
そして、目に優しい埋没法がウリです。
通常の埋没法の場合、まぶたを裏返して、まぶたの裏から1〜2点糸を通して留めるのですが、当院では、まぶたをひっくり返しません。
まぶたの表から糸を通して、糸をまぶたに貫通させず表側だけで二重を作ります。
そのため、目に負担をかけることなく、腫れる心配もありません。
埋没法だけで、1時間以上かけて、丁寧にやるので、仕上がりもとても美しいです。
■治療費.com 先生はどんな性格だとご自分で思われますか?
■院長 お〜っ!思いがけない質問でした。
そうですね、自分で言うのもなんですが優しすぎる性格かな。そして、意思が強いほうだと思います。
自己分析は難しいな^^

 
 独自の「メディクス法」による二重形成術
  渋谷メディクス形成外科では、まぶたの裏側に糸を通さず、表から必要なところまで糸を通す、独自の「メディクス法」という方法で行います。(下図の糸のかけ方を見比べてみてください。)
まぶたをひっくり返して裏から糸を埋めこむ従来の方法に比べ、メディクス法はまぶたや眼球への負担が少ないので腫れも少なく、大変安全で優れた方法です。
まぶたを糸が貫通しないため腫れは少なく、術後すぐ人前に出ることができ、また術直後のコンタクトレンズ装着が可能です。
もし、あなたがコンタクトレンズを使用していて二重を希望するなら、迷うことなく「メディクス法」をおすすめします。
  メディクス法
← メディクス法

敏感な結膜を傷つけません!
メディクス法は角膜や結膜を傷つけません。コンタクトレンズとの相性も良く安心です。
通常の埋没法
← 通常の埋没法

埋没法による糸が、コンタクトだけでなく、角膜にも当り、目の病気の原因となってしまいます。

 
 院長について
阿部 妙子 院長
 院長
Line
  松 下  博 明  (まつした ひろあき)

 治療方針
Line
   美容外科に関しては様々な情報、施術また多くのクリニックがあり、いろいろ悩まれる方は多いと思います。
 患者様が来院される目的は大きく分けて2つに分かれます。
 コンプレックスに感じている部分をさらに理想に近づけること、もうひとつは加齢による変化を元に戻すanti agingです。
 さらに、人によっては大きな変化を求めたい、ちょっとの変化でよいなど様々です。
 当院ではまず、個々のお悩み、ご希望をしっかり把握したうえで治療方法を提案します。
そして、メリット・デメリットともに十分に納得していただいた上で治療を進めるよう心がけています。
 みなさまどうぞ御気軽に御来院ください。
 取材スタッフの、院長先生の印象
Line
   俳優の時任三郎さん似のダンディーな院長先生でした。
 とても優しくて、インタービュー中、余談である私の相談に対しても、丁寧にお話してくださり、信頼できる先生だなと思いました。
 そして、何より美的感覚に感動しました!!
 常に、先生はペンと紙を持ち、お話しながら絵に描いてくださるのですが、非常に絵が上手なんです。
 以前、美容外科医は絵が上手に描けるか描けないかでも、仕上がりに差が出るんですよ。と美容外科の先生から聞いたことがあったのですが、これってとても大切ですね。
 そして、例えば私の顔だったら、もうちょっとここに脂肪を注入して・・・と鏡を見せながらお話してくださったのですが、ちょっとこうするだけで全然違う!!と言うことに初めて気付き、驚きました。  顔の作り、形、骨格、脂肪のつき方・・・全てを熟知されている先生だからこそ、分かることなんですよね。
 今回のインタビューでは、新たな美容外科の一面を知ることができ、素敵な先生にお会いできたことがとても嬉しかったです。